ちゃきサーチ

管理人ちゃきが疑問に思ったことをサーチしてまとめた情報を発信しています!

季節の話題

雛人形の選び方は?親王飾りの相場と人気なものは?

投稿日:

娘が生まれるとひな祭りが楽しみですよね♪

ひな祭りに雛人形は必須!
でも、どうやって選べばいいかわからない…。

という方のために今回は、雛人形の選び方をご紹介します!
雛人形はお内裏様とお雛様の1対で完成形なので、親王飾り(しんのうかざり)で十分なのですが、何を基準に選べばいいのか、選ぶポイントや相場などをお伝えするので、ぜひ雛人形選びの参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

雛人形の選び方は?

まずは、雛人形の選び方をご紹介します。
雛人形は焦って選ばずにじっくり選ぶのがおすすめなので、これからご紹介するポイントを参考にしてみてくださいね♪

 

雛人形 一番の決め手は人形の「顔」

雛人形は一年中飾っておくものではなく、ひな祭りのシーズンに出して飾り、それ以外は閉まっておくものなので、出し入れする人(主にお母さんかな?)が愛着のわくものを選ぶことが大切です。
毎年雛人形に会える楽しみがある方が出し入れするのも苦ではなくなります。逆に、気に入らない人形を飾るのは気持ち的にツライですよね。
雛人形ってどれも同じように見えて、意外と表情が違うものなんです。
自分が「この子の表情が一番いい!」と思えるものを選びましょう♪

 

現実的な問題としての決め手「サイズ」

雛人形を飾るにはある程度のスペースが必要です。
家の中のどこに飾るのか、どのくらいのスペースが取れるのか、日当たりなどを事前確認しておく必要があります。
買ってみたけど置けるスペースがなかった、では本末転倒になってしまいますのでご注意くださいね。
期間限定で飾るものなので、収納スペースも考えた方が良いですよ〜。

 

雛人形の素材は?

一口に雛人形といってもバリエーションが豊富で、本当に様々です。
素材としては木製のものやプラスチック製のものがあります。
木製のものは基本的に職人が手作りしているものなのでコストが高くなり、逆にプラスチック製のものは量産型なので、コストが低くですみます。

 

雛人形の購入場所

老舗メーカーの店舗で買うのがおすすめです!
雛人形などの老舗メーカーでは、人形の品揃えが豊富なだけでなく、人形に詳しい人やアドバイザーがいるのでちょっとした疑問の解決にもなるし、何より第三者の意見を聞きながら購入することができます。
人形は基本的にどれも一点ものなので、似たような人形でも一つ一つ表情が違います。
実際に手にとってしっくりするものを選ぶなら店舗販売での購入が良いですよ〜。
今はインターネットでの購入もできるが、結局手元に届く人形は実際に手にとって選んだものではないので、別物だと感じることもあるようです。

 

ケース入り?ケースなし?

ケース入りは子供が直接人形に触れることがないので、人形が壊れてしまうことが防げるのが良いところですね。
一方難点としては、ケース内に空気がこもりやすく意外とカビの発生率が高いところです。
ケース入りでも出し入れの際にケースを開けてケース内の手入れをして、収納の際に除湿剤を入れておくなど工夫が必要になります。
ケース入りって丸ごと出して飾ればいいのかな?なんて思ってたのですが、案外手間がかかりそうですね。
また、ケース入りのものはケースそのものも収納しておくことになるので幅を取ります。

 

キャラクターものは?

安価で可愛いと感じるキャラクターものは、基本的にはおすすめできません!
子供の将来を見据えた時に、子供にとって恥ずかしくないものを選ぶようにしましょう。
子供が大人になるまでそのキャラクターが好きとも言い切れませんからね。

 

雛人形で親王飾りの相場は?

では、雛人形の親王飾りの相場っていくらくらいなんでしょうか。

雛人形は、人形自体の素材や着ている着物、お道具や屏風の種類などで金額は本当にピンキリです。

ですが、おおよそ10〜20万前後で購入する人が多いですね。
15万円〜を予算にしておくと人形の選択肢がグッと広がると覚えておいてください。
親(子からみたら祖父・祖母)からの援助が受けられる場合は、20〜30万円出すという人も多いですよ〜。

雛人形は長年連れ添うものなので、金額だけで選ぶのではなく自分の価値観と合わせてじっくり選ぶようにしましょう。

ただ、高価なものでないと子供へ愛情が伝わらないというわけではないので安心してくださいね。
子を思う気持ちがあれば、どれを購入しても大丈夫です。

あまりにも安いものでどこの(メーカーの)雛人形なのかわからないようなものは、中国で生産されて輸入されてきたものの可能性が高いです。そうしたものは、しっかり見てみると雑な作りになっていることもあるので注意してください。

あくまでも相場で、この金額帯のものを買わなければいけないというわけではないです。
5万円、7〜8万円のものを購入する人も多くいますので、目安程度に考えておいてだくさいね♪

 

スポンサーリンク

雛人形の親王飾りで人気なものは?

雛人形の親王飾りはどんなものが人気なのかをご紹介しておきます。

下記のようなものが人気ですね。

・顔や衣装が万人受けするもの
・価格の割に豪華で充実して見えるもの
・コンパクトなもの
・ケースがアクリルのもの
・木目込み人形

雛人形は、やっぱり「顔」が良いものが一番です。
その中でもやはり誰が見ても美人な、可愛らしい顔が人気ですね。

また、価格の割にはお買い得感のあるものも人気です。
雛人形も大きな買い物ですから、少しでもお得感のあるものが欲しくなるのは当然ですよね。

最近は、集合住宅やマンション・アパート住まいの人が多くなってきているので、ひな壇を飾るスペースがなくコンパクトなものを購入される方が多いです。
以前は、3段、5段、7段と大型の雛人形も数多く売られていましたが、準備が大変ということもあり、最近では内裏雛のみの親王飾りでもよりコンパクトなものが好まれる傾向にあります。
また、収納までコンパクトにできるようにと雛人形を飾る台がそのまま収納ケースになるという収納型飾りというものもあります。

雛人形をケース入りで考えている方は、ガラスケースではなくアクリルケースを選ぶ人が多いです。
ガラスに比べてアクリルの方が軽いということと、割れにくく安全であるという意見からアクリルケースが支持されています。

木目込み人形というのは、通常の雛人形に比べると少しふっくらとした顔立ちの穏やかな印象のある人形です。
これは好みの問題になるのですが、優しい顔つきでふっくらした木目込み人形の笑みは美人というよりも馴染みやすく味わい深いと人気です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、主に雛人形の選び方についてご紹介しました!

雛人形はきっと一生に一度きりしか買うチャンスがないので、慎重に選びたくなりますよね。
基本的には、一番出し入れする可能性の高い「お母さん」がしっかりと人形の表情を選んで購入するのがオススメです。

値段で選ぶのではなく、実際に手にとってしっくりする人形を選んだ方が後悔しなくてすみますよ〜!

相場は、10〜20万前後ですが、子を思う気持ちがこもっていればいくらのものを買っても構いません。

人気なものは売り切れになる可能性が高いので、早め早めに準備するように心がけると良いと思いますよ♪

素敵な雛人形に巡り会えますように!


-季節の話題
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お歳暮の実家同士のやり取りのやめ方は?結婚後に親同士が贈る意味は?

年末が近づくと湧き上がってくるのがお歳暮問題。 結婚後に夫の実家と自分(嫁)の実家の双方でお歳暮の贈り合いが始まるところもあるでしょう。 お歳暮は毎年のことで、縁を簡単に切れるような相手ではないことが …

五月人形のお古を姑に勧められたら?旦那のお下がりはダメ?新品を準備予定の場合は?

端午の節句!といえば男の子の成長を願う大切な日ですよね。 特に、初めてお子さんを授かって初節句を迎えるということになると、特に気合いも入ってくるのではないでしょうか? ですが、ここでよく起こる問題が、 …

初盆でお参りに行くときの服装は?女性と男性それぞれの場合!

スポンサーリンク お盆の時期は、 7月または8月の13〜16日の4日間です。 この時期に、親族または親しい知人の初盆(新盆)にお参りされる方もいると思います。 そんな時に気になるのが服装ですよね! 初 …

成人式のバッグにブランド物は使える?振袖に合うものと中身は?

成人式が近づくとワクワクしますよね! いよいよ大人の仲間入り。晴れの舞台です。 一生に一度のことだけに、失敗はしたくないもの。 そう、それがバッグ一つであれベストを尽くしたいはずです。 一度しか使う予 …

卒園式の服装はママは何を着る?ストッキングの色とコサージュは?

お子さんが卒園式を控えているお母さん、おめでとうございます! ついに卒園かあ、と感慨深いものがあるのではないでしょうか。 卒園式というのは人生に何度もあるものではないので、どのような格好をしたら浮かな …

管理人プロフィール


ブログ管理人のちゃきです!

平成生まれのゆとり世代の主婦です!
普段は工場でパート勤務ですが、
現在は0才児育児のため育休中です。
よろしくお願いしますっ!

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中☆

ブログランキングに参加しています!
気が向いたらポチッとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ