ちゃきサーチ

管理人ちゃきが疑問に思ったことをサーチしてまとめた情報を発信しています!

季節の話題

キャンプ初心者には高規格が最適!必須条件と九州のキャンプ場5選!

投稿日:2017年4月16日 更新日:

家族でウキウキアウトドアに向かうイラスト

ゴールデンウィークに夏休み!
長期のお休みはワクワクがいっぱいですね( ^ω^ )♪
お子さんがいる方はテーマパークもいいですが、自然を満喫できるキャンプはいかがですか?

今回は、キャンプをお考えの初心者のあなたに、初心者向けのキャンプ場の選び方やそのための条件、九州のおすすめキャンプ場をお伝えします!
キャンプで失敗しないために、家族で楽しい時間を過ごすためにも押さえておきたいポイントをまとめましたよ♪

ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

キャンプ初心者にオススメな高規格キャンプ場とは?

キャンプ初心者や家族でのキャンプには、高規格キャンプ場が絶対おすすめです!

高規格キャンプ場とは、設備が充実していて、キャンプ初心者でも安心&快適に過ごせるキャンプ場のことです。

高規格キャンプ場の良いところはズバリ!施設内容が充実していること!

常設のテントやコテージがあるところ、AC電源やトイレも完備していることが多いのに加え、バーベキューセットやテーブル、イスもレンタル貸し出しをしていたりするので、準備するものをグッと減らすことができます。

キャンプ用品はテントだけでなく、調理器具や紙皿、紙コップ、寝具などのかさばる荷物がたくさんあるので、これらを準備する必要がなくなるだけでも負担が減らせますよね(^o^)
ただでさえキャンプ用品は高価なものが多いので、一回きりのキャンプのために購入するのは考えもの。一度、高規格キャンプ場でお試し気分でキャンプを楽しんでから購入を考えてみてもいいのではないでしょうか?
「キャンプってあんまり楽しくないかも」なんてことになったら、せっかくのキャンプ用品も倉庫に眠り続けることになっちゃいますからね( ;´Д`)

というわけで、キャンプ初心者は高規格キャンプ場をかしこく利用しましょう♪

 

キャンプ初心者必見!キャンプ場選びの条件

一口にキャンプと言っても、スタイルはさまざま。

まずは、自分の理想のキャンプ条件をメモに書き出すようにすると、キャンプ場選びに役立ちますよ!

何を条件にしたらいいかわからない!という人のために、おおまかな条件例をいくつか挙げておきます。

・テントを張る?
・コテージでもいい?
・バーベキューはする?
・キャンプ場は山?川の近く?
・レンタル用品の充実さは?
・家から近い方がいい?

などなど。

特に初めてのキャンプでテントを張ろうと思っていると、なかなか上手くいかず、意外と時間を取られてしまうこともあります。テントを張るのには、慣れている人に同行してもらうか、キャンプ場の施設管理人の補助が受けられるのかも条件に入れてみてもいいと思います。

高規格キャンプ場を選ぶ上で、注目したいポイントもお伝えしておきますね( ^ω^ )

・施設に清潔感がある
・水洗トイレ、風呂(シャワー)がある
・レンタル用品が充実している
・スタッフが常駐している

初めてのキャンプはわからないことだらけ!
キャンプ場の管理人さんが常駐しているかどうかは必見です!

何か緊急の事態が起こった場合に、キャンプ場近くにある施設(コンビニや病院など)も、地図上で確認しておくと安心ですね!

 

キャンプ初心者向けオススメキャンプ場5選【九州】

今回は、九州の家族で楽しめるような初心者向けキャンプ場をご紹介します!

ご紹介するキャンプ場は、基本的にほぼ手ぶらで行けるようなレンタル用品が豊富なところを集めました。
キャンプ経験者にとっては物足りないと感じるかもしれませんが、キャンプに慣れていない人にとっては、準備するものを減らすことができるので、ゆっくり楽しむ時間ができると思いますよ(^o^)
参考にしてみてくださいねっ!

 

九州の初心者向けオススメキャンプ場5選

 

<福岡県>

◆サンビレッジ茜
本格的な人工芝スキーゲレンデ有り!遊び場が豊富なので子供づれにぴったり☆
バーベキューの食材は要予約ですが、火つけまでしてくれます。

利用料金:バンガロー(4人用) 5150円〜
トイレ・風呂:完備
レンタル用品:寝具、調理器具セットなど有り
スタッフ:常駐(24時間)
サンビレッジ茜の口コミはこちら

 

◆海の中道海浜公園 光と風の広場
デイキャンプにオススメ!ドッグランもあるので、ペットも一緒に遊べます◎
ただし、宿泊施設はないので泊まりでのキャンプは不可。

利用料金:入場料 大人410円、子ども80円 別途駐車場料520円
トイレ・風呂:トイレあり、風呂なし
レンタル用品:バーベキューセット、折りたたみイス・テーブル有り
スタッフ:常駐(10:00〜17:00)

 

<熊本県>

◆美里町 ガーデンプレイス・家族村
五右衛門風呂の湯沸かし体験やピザ作り体験もできるキャンプ場!(いずれも要予約)
緑川ダム近くで自然も満喫できて、バンガローやロッジなどの宿泊施設も充実しています。オートサイトもあり◎

利用料金:バンガロー(4人用) 3240円〜
トイレ・風呂:完備
レンタル用品:飯ごう・食器セット、バーベキューセット、テーブルセット等有り
スタッフ:常駐(8:30〜17:00)
美里町 ガーデンプレイス・家族村の口コミはこちら

 

◆阿蘇市 古代の里キャンプ場
近くの「阿蘇ネイチャーランド」でネイチャー体験を満喫後、バーベキューハウスでご飯!
コテージは、冷暖房施設もあるので自宅と同じように快適に過ごせます◎

利用料金:コテージ(5人用) 1泊15000円〜
トイレ・風呂:完備
レンタル用品:バーベキューセット、寝具・寝袋など有り
スタッフ:常駐(9:00〜18:00)
古代の里キャンプ場の口コミはこちら

 

<長崎県>

◆休暇村雲仙 諏訪の池キャンプ場
常設テントでキャンプ気分を味わいつつ、朝食はホテルでバイキングも食べられる至れり尽くせりな「手ぶらでキャンプパック」が魅力的!
シャワー施設の他に隣接するホテルの大浴場が利用できるのも嬉しいポイント!

利用料金:管理費410円+常設テント5140円〜
トイレ・風呂:シャワー施設あり。ホテル大浴場利用可(別途320円)
レンタル用品:調理器具やバーベキュー用コンロなど有り
スタッフ:常駐(8:00〜17:00) ※GW、夏休み期間のみ
休暇村雲仙 諏訪の池キャンプ場の口コミはこちら

 

 

以上、手ぶらで利用可能な九州のキャンプ場をご紹介しました!

ぜひ、条件に合うキャンプ場を探してみてくださいね(^o^)

まとめ

今回は、高規格キャンプ場について、キャンプ場選びの条件、九州の初心者向けキャンプ場をご紹介しました!

キャンプ場って、本当に数が多くて、初心者向け施設から本格的なキャンプ場まで種類も豊富です。
初めてのキャンプは、とにかく手間のかからない楽しめる場所を選ぶのがオススメです!
まずは、家の近くや離れていても施設内容が充実しているところを選びましょう(^o^)
家族の良い思い出になる時間が過ごせるといいですね♪

スポンサーリンク

こちらの記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます!
熱中症の原因となる環境は?主な症状と今すぐできる予防法!


-季節の話題
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

顕微鏡でスケッチをする男の子のイラスト

自由研究のまとめ方のコツ!まとめは何に書く?一番大事なことは?

スポンサーリンク 自由研究をしたはいいけど、どうやってまとめたらいいかわからない! これじゃ宿題が終わらない! と嘆いてる人はいませんか〜? 自由研究のまとめってめんどくさいですよね(*_*) でも、 …

二百十日の意味は?防災の日との関係と二百十日にまつわる祭りと小説

カレンダーの9月1日のところに「二百十日」って書いてあったんですよ。 何これ?と思いまして(´ー`)はて…。   9月1日って防災の日じゃないの? 二百十日ってなんなんだろ(´ー`)…。 と …

ゴールデンウィークの沖縄での赤ちゃんの服装は?気温や必要な持ち物は?

赤ちゃんとの沖縄旅行! 楽しみな反面、気になることはたくさんありますよね。 ゴールデンウィークの沖縄って、どんな服装で行けばいいの? 気温はどう?もうすでに暑いのかな? 何か持っていった方がいいものっ …

ハートロックの写真

沖縄のハートロックの場所は?駐車場の情報と3つの注意点!

夏真っ盛りの沖縄旅行は、魅力がいっぱいで楽しいものです。 私は沖縄生まれ沖縄育ちなので、海の青さを意識することなく、それが当たり前として生まれ育ったのですが、成人して東京に出てから、沖縄の海の綺麗さに …

月にうさぎがいる由来は?餅つきをしている理由と外国での見え方

お月見シーズンになると、月を見上げる機会が増えてきますよね。 満月になると月明かりもまぶしく感じられて、まるまるとしたお月様に癒しのひと時をいただけます。 中秋の名月と呼ばれるお月見の日になれば、お家 …

管理人プロフィール


ブログ管理人のちゃきです!

平成生まれのゆとり世代の主婦です!
普段は工場でパート勤務ですが、
現在は0才児育児のため育休中です。
よろしくお願いしますっ!

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中☆

ブログランキングに参加しています!
気が向いたらポチッとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ