ちゃきサーチ

管理人ちゃきが疑問に思ったことをサーチしてまとめた情報を発信しています!

季節の話題

赤ちゃんとの海水浴はいつから?その注意点と持ち物をチェック!

投稿日:

砂浜の写真

夏が来ると海に行きたくなりますよね!

ところで、赤ちゃんの海デビューっていつ頃から大丈夫なのでしょうか?

赤ちゃんと海で遊びたい!
と思っていても、赤ちゃんは大人の想像以上に体力が少なく、肌もデリケートです。

今回は、赤ちゃんの海デビューはいつからか?注意点と持ち物をご紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんとの海水浴はいつから?

赤ちゃんとの海デビューはいつから大丈夫なのでしょうか?

一般的には腰がすわってお座りができるようになる生後7〜9ヶ月頃なら大丈夫と言われています。
ただ、赤ちゃんの体力面を考えると0〜1歳児を海に連れて行くのはあまりオススメできません。

なぜなら、海水は塩分を含んでいることもあり、赤ちゃんの肌には刺激が強すぎることや、赤ちゃんの体力、免疫力、肌の弱さが大人とは大きく異なるからです。0〜1歳児の海水浴は控えて、2〜3歳以降から海水浴を楽しむのがオススメです。

低月齢で赤ちゃんを海に連れて行くのはオススメできませんが、連れていかなければならないようであれば、次の注意点に気をつけるようにしましょう!

 

赤ちゃんとの海水浴での注意点

赤ちゃんを海に連れて行くときの注意点をいくつかご紹介します!

いきなり海デビューをすると、赤ちゃんにとっては刺激が強すぎるので、海に連れて行く前に、まずは水に慣れさせてあげましょう。

最も身近でやりやすいのは、お風呂です。
お風呂の湯船にぬるま湯をはり、赤ちゃん用浮き輪を使ってみましょう!
腕に装着するタイプのものも良いですね。

また、お風呂以外にも家庭用のビニールプールで水遊びをさせてみてください。

ただし、生後1歳に満たない赤ちゃんは長湯や長時間の水遊びはさせないようにしましょう。

基本的に、5分浸かったら水から上げるようにしてください。20分以上は赤ちゃんの体力が持たなくなるのでやめてください。

赤ちゃん連れの海水浴 注意点

ここからは実際に赤ちゃんを連れて海水浴に行く場合の注意点です。

◆赤ちゃんの体調を最優先する
→体温や傷口のチェックをします。
赤ちゃんの体調が悪ければ無理はさせないようにしてください。

◆紫外線・熱中症対策をする
→日焼け対策として、ベビー用の日焼け止めを2時間に1度は塗り直しましょう。
→こまめな水分補給を心がけてください。(ベビー用の麦茶やベビー用スポーツドリンクの準備)
→紫外線の強い時間(10:00〜15:00)は避け、朝か夕方に波打ち際で遊ばせるようにします。

スポンサーリンク

◆遊ばせている赤ちゃんから目を離さない
→海水を目や口に入れるかも…
→砂や海藻を口に入れるかも…
→貝殻のかけらなどで怪我をするかも…
特に1歳未満の赤ちゃんは何でも口に入れて確認しようとするので、注意が必要です。

◆海から上がったら早めにシャワーを浴びさせる
→海水は肌への刺激が強いのでなるべく早めに落としてあげてください。(炎症の原因にもなります。)

◆充分な休息をとらせる
→体力の消耗が激しいので、いつもよりたっぷり寝る時間を取るようにします。

海水浴は大人でさえも体力を消耗します。
赤ちゃんはなおさらです。

とにかく無理はさせないように心がけましょう( ´∀`)

 

赤ちゃん連れの海水浴での持ち物

赤ちゃんを海に連れて行くときの持ち物は?

・母子健康手帳
・水着(水遊び用オムツ)
・着替え
・哺乳瓶、ベビーマグ
・粉ミルク、ベビー麦茶、ベビースポーツドリンク
・日焼け止め
・日傘
・帽子
・バスタオル
・砂場遊びグッズ など

基本的に、赤ちゃん連れの遠出は母子健康手帳は必須持ち物です。
出先で何があるかわからないので、必ず持って行きましょう。特に海では、何かしらで怪我をすることは充分考えられます。

着替えは多めに持って行きましょう。

授乳だけでは充分な水分補給ができないこともあります。白湯やベビー麦茶なども持参してください。

日焼け止めはこまめに塗り直すようにしてください。
日傘や帽子、サングラスなどで紫外線対策をするのも有効です。
赤ちゃんは日焼けなどを意識して行動できないので、保護者がきちんとお世話をする必要があります。

バスタオルやハンドタオルなどのタオル類は多めに持って行くようにしましょう。
海水浴後のシャワーで使う以外にも、日除けとして浸かったり、怪我をした時の応急処置に使うこともできます。

 

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんは大人と比べるととにかくデリケートです。

赤ちゃんにとっては、5分間水遊びをするだけでも潮風を感じ、水の冷たさを学び、新しいことを発見する、刺激の多い時間になります。

刺激が多ければ多いほど体力は削られますし、免疫力の低い赤ちゃんは、日差しからも海水からもダメージを受けます。

保護者であるお母さん、お父さんが、我が子から目を離さず、体調を汲み取ってあげるのが一番大事です。

スポンサーリンク

楽しい海水浴になるように、赤ちゃんの体調を最優先して準備してあげてくださいね( ´∀`)


-季節の話題
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父の日のプレゼントの定番と選び方のコツ!メッセージはどうする?

  お父さんに感謝の気持ち、伝えていますか? お母さんは赤ちゃんを産んで育てているので、育児に関してはお母さんのイメージが強いかもしれません。 でも、そんなお母さんを支えてくれているのがお父 …

カレー鍋の作り方を簡単に美味しく!具材としめのおすすめは?

寒くなってくるとお鍋したくなりますよね♪ 普段の寄せ鍋にちょっと飽きてきたら、子供も楽しめそうなカレー鍋っていいですよね♪ でも、カレー鍋に初チャレンジする場合、どんな風にスープを作っていいのかとか具 …

父の日に再婚相手の義父にはあげる?あげない?プレゼントはどうする?

もうすぐ父の日! というときに悩んでしまうのが、母の再婚相手である義理の父へのプレゼントではないでしょうか? 血の繋がりはないけれどお世話になっている、でもやっぱりまだ「父」とするには違和感がある… …

七五三の男の子でお宮参りの着物は使える?三歳の男の子は被布か袴どっち?

子どもの七五三は、思い出として大事に残してあげたいですね〜(´ー`) そんな思い出の品のひとつが、「七五三の衣装」ではないでしょうか?   お宮参りのときに初着を購入したので、その着物を七五 …

テントに寝そべる子供2人のイラスト

夏フェスのキャンプのメリットと要チェック事項、あると便利な物は?

スポンサーリンク 夏がやってくると増えるものの一つに、野外フェスがあります。 いわゆる夏フェスですね! 私自身も音楽が大好きなので、トライしたいことのひとつなのですが、もう少し子供が大きくなったら一緒 …

管理人プロフィール


ブログ管理人のちゃきです!

平成生まれのゆとり世代の主婦です!
普段は工場でパート勤務ですが、
現在は0才児育児のため育休中です。
よろしくお願いしますっ!

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中☆

ブログランキングに参加しています!
気が向いたらポチッとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ