ちゃきサーチ

管理人ちゃきが疑問に思ったことをサーチしてまとめた情報を発信しています!

イベント

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会とは?駐車場と穴場スポット!

投稿日:2017年5月17日 更新日:

夏といえば、お祭り!

お祭りと言えば、花火!

今年も花火大会の季節がやってきて、数多くの花火大会が全国各地で開催されています。

今回は、九州エリアでも最大級の花火大会である『かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会』についてまとめてみました!

開催概要や、会場までのアクセス方法と駐車場事情、穴場スポットや花火の見えるホテル情報をご紹介します!

スポンサーリンク

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の2017年開催概要

まずは、かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の開催概要です。

開催概要

◆日程
2017年8月19日(土)
大会セレモニー:19:20〜19:30
花火打ち上げ:19:30〜20:40

◆観覧場所
鹿児島港本港区北ふ頭
・観覧場所への再入場は可能です。
・風向きによっては、花火のススで汚れる可能性があります。

◆有料席情報
この花火大会では、有料席があります!
確実に花火を楽しみたい方はぜひ、ご検討ください♪

北ふ頭自由席(イス席)2,500円

※3,600名予定
※3歳以下で席が不要なお子さまは1名に限り無料

◆有料席予約受付期間
ファミリーマート店頭やインターネットで6月初旬から販売開始予定です!

◆補足情報
トイレの数:常設(公園内)2カ所、仮設約100基
駐車場:なし
交通規制:12時~21時30分、会場周辺で車両進入禁止 ※時間は7月中旬決定

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の見どころ

花火の発数:約15,000発!
来場者数:約14万人(第16回実績)

世界有数の活火山桜島と波静かな錦江湾という自然をバッグに尺玉の大花火が夜空に咲く、九州最大級の花火大会です。

今回の目玉は、なんといっても九州初の2尺玉4発同時打上げ!
開花直径約480mの4つの花火で夜空を埋め尽くします。

また、大会初となるフルカラーレーザーによる演出を加えた音楽花火も必見です。例年以上にこだわった演出を予定しています。

 

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の駐車場事情

注意して欲しいのは、有料観覧席に駐車場がないことです。

会場への基本的なアクセス方法

JR鹿児島中央駅から有料シャトルバスで約15分下車後、徒歩15分
JR鹿児島中央駅から鹿児島市電鹿児島駅前行で約15分「水族館口」電停下車後、徒歩約5分

駐車場事情

大花火大会当日は、非常に混雑します!

ドルフィンポート周辺はおろか、天文館周辺、 半径3キロは大混雑必至で、コインパーキングも満車ばかりです。

鹿児島中央駅周辺の駐車場も、ほぼ全て満車に近い状態になるので、早いもん勝ちというのが現状です。

どうしても車で!とお考えの方は、余裕を持って早めに行き、会場まで多少遠くても空いているコインパーキング等を見つけたら迷わず駐車するしか方法はありません。

鹿児島中央駅周辺をはじめ、周辺地域は混雑するのが目に見えているので、県外から参加予定の方は、高速のインター付近の駐車場に停め、そこから公共の交通機関を利用するという手もアリです。

特に帰り道での混雑が予想されるので、花火が終わる前に帰り始める、もしくは、花火が終わってから会場から徒歩圏内の場所、もしくは車を停めた駐車場近辺でゆっくりご飯を食べてから帰るなど、周囲の人とは時間差が出るようにするのも混雑回避方法の一つです。

花火終了後の混雑に関しては、腹をくくっておいた方が良さそうですね。

ただ、次でご紹介する穴場スポットは、比較的会場から離れているので混雑の心配は少なそうです。
会場から離れてしまうので、迫力はほとんどなくなってしまうのが残念ですが…。

 

スポンサーリンク

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会 穴場スポットとホテル

大花火大会の穴場スポットをいくつかご紹介します!

穴場スポット

◆ドルフィンポート
会場からも近く、ウォーターフロントパークからは花火の迫力も充分に感じられるスポットです!
ご飯屋さんなどもある人気のスポットなので、当日は入場規制がかかる場合もあります。

◆城山公園展望台
ここは穴場というよりは、定番スポットといった感じで、人気の場所です。昼前には到着しておくのがオススメです。会場から離れていることもあり、花火の迫力は感じられませんが、花火は綺麗に見えます。

◆多賀山公園
混雑が少ない本当の穴場!花火も夜景も綺麗に見えるので、一番のオススメスポットです。

◆桜島から見る
桜島を見ながら花火が見える、というのがこの大花火大会の良いところではありますが、いっそのこと桜島から見るのもアリです!海越しに見る花火は水面への反射などもとても綺麗に見れる穴場スポットですよ。
溶岩なぎさ遊歩道や、湯平展望台から見るのがオススメです。

◆イオンモール鹿児島の屋上
こちらも会場から離れてしまうので、迫力は望めませんが、子連れには安心の穴場スポットです。
イオンモールなので、食事の心配やお子さんの急なトイレ攻撃にも対応できます!赤ちゃん連れも授乳室などがあるので、安心です。
家族でのんびり楽しむには最適なスポットですね。

周辺のホテル情報

ホテルの部屋から花火が見れたら…と考える人も少なくないのですが、単にホテルを取っても客室の方角によっては、建物ばかりしか見えない、ということも考えられます。
花火が見られるホテルをお探しの場合は、直接ホテルに「花火が見られる部屋の空き状況」を問い合わせるようにしましょう!

花火が見られそうなオススメのホテルを2件、ご紹介します!

◆アクアガーデンホテル福丸
毎年5月あたりから屋上でビアガーデンを開催しており、この屋上から花火が見られそうな立地です。
部屋から見える可能性もあるので、ぜひお問い合わせをしてみてください。
アクアガーデンホテル福丸の口コミはこちら

◆城山観光ホテル
城山公園展望台にも近く標高が高い場所にあるため、花火が見やすいホテルです。
ウェディングも行なっていて、桜島を見ながら温泉に入れることもあり、ホテルとしても魅力的なところです。
こちらも、問い合わせの際に「花火が見える部屋」を希望することを伝えるようにするといいと思います。
城山観光ホテルの口コミはこちら

ホテルから花火を見たい!という人は多いので、お早めの予約をオススメします!

 

まとめ

九州で最大の2尺玉4発同時打ち上げが魅力の、まさしく大花火大会!

鹿児島の夜が最も暑くなる日かもしれませんね( ´∀`)

駐車場に関しては、残念ながら穴場という場所はなく、基本的に早いもの勝ちになってしまうので、早い時間からの移動をオススメします。

穴場スポットはいくつかありますが、せっかくの大花火なので、混雑が我慢できるのであれば会場で観覧された方が迫力を感じられると思います。

ホテルを予約する際は、「花火が見える部屋」とオーダーすると応えてもらえる可能性がありますよ♪
こちらも早いもん勝ちなので、お早めに!

今年のかごひま錦江湾サマーナイト大花火大会も楽しみですね( ´∀`)♪

スポンサーリンク

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会を船から楽しむ方法はこちら
「鹿児島の花火を船から見るには?納涼船のチケット購入方法と予約は?」


-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大曲の花火の魅力と人気の理由は?見どころと参加時の注意点は?

スポンサーリンク 突然ですが、 あなたは、花火大会の中でも最高峰の「大曲の花火」ご存知ですか? 日本人なら死ぬまでに一度は行った方がいいとも言われていますね。 そんな「大曲の花火」ですが、普通の花火大 …

AnimeJapanの入場時の待ち時間は?混雑具合とファストチケットでの入場について

日本が世界に誇る文化の1つが「アニメ」ですよね。 そんなアニメに特化したイベントが「AnimeJapan(アニメジャパン)」です! アニメ関連企業・団体が新作アニメの発表や作品展示、グッズ販売やステー …

アニメジャパンの当日券の買い方は?コンビニでも買える?売り切れる?

「アニメの見本市」とも呼ばれるアニメジャパン! 仕事の都合でいけるかどうかわからないけど、当日券があるなら行きたい… 入っていた予定が急にキャンセルになって時間が空いてしまったから、興味のあるアニメジ …

ご当地鍋フェスティバルの値段や料金システムは?日比谷での開催概要!

寒くなればなるほど食べたくなるのがお鍋! 今年もお鍋の季節がやってきましたね! 鍋と一口に言っても、寄せ鍋や豆乳鍋、キムチ鍋、ちゃんこ鍋やカレー鍋…と種類は様々ですね。 また、全国各地にはそれぞれの土 …

学校でできるハロウィンパーティーは?ゲームと仮装で盛り上がろう!

ハロウィンはお好きですかーーー? ハロウィンってテンション上がりますよねっ! 最近では、ハロウィンとクリスマスどっちが好き? な〜んて話題が出るくらいハロウィンって定番化してきてますよね( ´∀`)♪ …

管理人プロフィール


ブログ管理人のちゃきです!

平成生まれのゆとり世代の主婦です!
普段は工場でパート勤務ですが、
現在は0才児育児のため育休中です。
よろしくお願いしますっ!

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中☆

ブログランキングに参加しています!
気が向いたらポチッとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ