ちゃきサーチ

管理人ちゃきが疑問に思ったことをサーチしてまとめた情報を発信しています!

育児

赤ちゃんの紫外線対策はいつから?その方法とお散歩の時間は?

投稿日:2017年3月10日 更新日:

 

生後1ヶ月をすぎると、赤ちゃんと一緒に外出する機会が増えますよね。
生後2ヶ月からは予防接種も始まるので、尚更です。
お散歩デビューを考えているお母さんもいるのではないでしょうか?
お散歩は赤ちゃんとお母さんの気分転換にも最適ですよね。

そこで気になるのが、紫外線対策

赤ちゃんのお肌はデリケートで、皮膚の薄さは大人の半分とも言われています。

昔は子供の日焼けは成長に良いとされていたので、気にする人もあまり多くはなかったのですが、近年では紫外線量が増えてきているということもあり、紫外線の刺激を注視する意見も増えてきました。

そこで今回は、赤ちゃんの紫外線対策はいつからが良いのか、また紫外線対策の方法やグッズ、お散歩での外出時間についてまとめました!

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの紫外線対策はいつから?

生後1ヶ月を過ぎて、お外に出る機会も増えてくる赤ちゃん。

いつから紫外線対策を始めたらいいのでしょうか?

紫外線量のピークは5、6月とも言われているので、GWや梅雨の時期からケアが必要です。

赤ちゃんのお肌は薄さが大人の約半分ととってもデリケート!
なるべく早いうちから紫外線対策をすることをオススメです。

乳幼児でも紫外線のダメージ蓄積されると、10年後にはシワやシミ、免疫力の低下などとなって現れてくるので、いかに紫外線を対策するかが重要になります。

外出のときはもちろんですが、家の中にいるときも、紫外線は約10%ほど入ってきていると言われています。
外出時は直射日光を避ける、家の中でも窓の近くに赤ちゃんを放置しない、など、なるべく赤ちゃんを紫外線の刺激から守りましょう。

ただし、赤ちゃんの肌は刺激にも弱いので、日焼け止めでの紫外線対策は生後半年頃からが良いですね。

冬のうち(11〜2月)は、紫外線量が少ないのですが、特に春・夏(4〜9月)は紫外線量が増えるので特に注意が必要です。

夏生まれの赤ちゃんは、生まれてすぐからが紫外線との闘いですね!

 

赤ちゃんの紫外線対策の方法とグッズ!

それでは、赤ちゃんの紫外線はどのように防げば良いのでしょうか?
ポイントを3つご紹介します!

ポイント1:直射日光を避ける

これはもう言うまでも無いのですが、直射日光は特に肌へのダメージが強いので、避けるようにしましょう!

ポイント2:UVケアの製品を使う

赤ちゃんの帽子やケープ、ポンチョなどUVカット効果のあるものを使用しましょう。
帽子はつばが広いものだとなお良いですね!
家の中で使用するカーテンもUVカット効果があるものを選ぶと良いでしょう。

ポイント3:日焼け止めを使う

生後半年がたった赤ちゃんであれば、ベビー用の日焼け止めも効果的です。
必ず、ベビー用という表記があるものを使うようにしましょう!

 

紫外線対策にはいろいろなグッズを使うのも有効なので、
紫外線対策として使えるグッズをいくつか挙げておきます。

■赤ちゃんに使うもの

・帽子(つばが広いとよりGood)
・上着やレッグウォーマー
・サングラス(ベビー用)
・日焼け止め
・おくるみ

■お母さんが使うもの

・日傘(抱っこ紐時)
・ベビーカーシェード
・車のサンシェード

 

スポンサーリンク

赤ちゃんとのお散歩の外出時間は?

赤ちゃんにとって紫外線を浴びすぎるのは良くないことですが、日光浴やお散歩は、発育にとって欠かせないものでもあります。
紫外線には悪いことだけでなく、肌でビタミンDを作る働きもあります。
このビタミンDはカルシウムを骨に取り組むのに必要な栄養素!

紫外線が怖くて、ずっとお家の中で過ごすのも良くないことなんですよね!

赤ちゃんの、そしてお母さんの気分転換にもなるお散歩。

お散歩をする時間や時間帯に気をつければ、有意義に過ごせます!

まず、お散歩の時間ですが、あまり長時間外を歩き回るのではなく、30分程度を目安に途中で休憩もしながら行うようにしましょう。
日陰を歩くのもいいですね( ´∀`)

それから、時間帯。
午前中の散歩は10時までに。
午後は3時以降を心がけましょう!

午前10時〜午後2時ごろまでは、紫外線量が特に多い時間帯なので避けることをオススメします。

また、夏場のお散歩のときは保冷剤を持っていくと、暑くなって火照った体を冷やしてあげるのに役立ちそうですね。

特に紫外線量が増える4〜9月は、紫外線対策をしっかりして、赤ちゃんのお肌を守ってあげましょう〜!

 

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの紫外線対策は、なるべく早いうちから始めましょう!

直射日光を避ける、UVケア効果のある製品を使う、日焼け止めを使う、など紫外線対策を行いましょう!

帽子、上着、日傘やサンシェードを使って、直射日光に当たらないように赤ちゃんのお肌を守りましょう!

長時間、午前10時〜午後2時頃の外出は避けて、快適な時間でのお散歩を楽しみましょう!

紫外線は悪いことばかりではなく、成長に必要な部分もあるので、紫外線を恐れて家の中ばかりで過ごすのではなく、しっかり対策をして、お散歩や外出を楽しめるといいですね♪


-育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よだれかけをかけている赤ちゃんのイラスト

離乳食はいつから始めた?アレルギー検査は必要?準備した物は?

初めての育児に励んでいるお母さん、お父さん、お疲れ様です! 生後5ヶ月が近くなると気になるのが離乳食ですよね! 母乳やミルク以外のものを初めて食べさせるのは緊張するものです。私もめちゃくちゃ緊張して、 …

お宮参りにはいつ、誰と行く?神社の選び方は?

スポンサーリンク 赤ちゃんのご誕生、おめでとうございます( ´∀`)♪ 初めての赤ちゃんにはいろんなイベントが待ち受けていますね。 その中でも早い段階でやってくる最初のイベント。 そう、お宮参りです! …

お医者さんに抱っこされる赤ちゃん

新生児が甲状腺の異常で再検査!原因や症状、正常値は?

​ スポンサーリンク 生まれたばかりの赤ちゃんに異常が見つかって再検査が必要! なんて連絡があったら、誰でも不安になってしまいますよね。 それが当たり前の反応です。 せっかく可愛い我が子なんですから。 …

赤ちゃんの熱性けいれんの症状と対処法は?病院にはいつ行く?体験談!

赤ちゃんの体調が悪いと不安になりますよね。 特に熱が高い場合は、熱性けいれんが起こらないか心配になると思います。 今、赤ちゃんの体がビクッとなったけど、これってもしかして熱性けいれん?熱性けいれんって …

お宮参りの服装、赤ちゃんは?両親と祖父母は?レンタルできる?

スポンサーリンク 赤ちゃんのご誕生、おめでとうございます! お宮参りはこれからですか? お宮参りとは、その土地の神様に赤ちゃんの誕生を報告し、 健やかな成長を祈願するために神社に参拝することを言います …

管理人プロフィール


ブログ管理人のちゃきです!

平成生まれのゆとり世代の主婦です!
普段は工場でパート勤務ですが、
現在は0才児育児のため育休中です。
よろしくお願いしますっ!

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中☆

ブログランキングに参加しています!
気が向いたらポチッとしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ